スポーツ史学会賞
 平成18(2006)年度 学会賞 志々田文明
『武道の教育力―満州国・建国大学における武道教育―』日本図書センター、2005年3月
 
 平成19(2007)年度 奨励賞 西原茂樹
「1910年前後におけるメデイア・イベントとしての日米野球試合―東京・大阪の新聞社による主催試合を中心に―」『スポーツ史研究』第19号(1〜17頁) 、2006年3月
 
 平成20(2008)年度 奨励賞 中村哲也
「「野球統制令」と学生野球の自治―1930年代における東京六大学野球を中心に―」『スポーツ史研究』第20号(81〜94頁) 、2007年3月
 
 平成21(2009)年度 奨励賞 月嶋紘之
「イングランドにおける『フットボール観客法1989』の成立に関する一考察−『フーリガン』を巡る『法的暴力』の実体−」『スポーツ史研究』第21号(1〜14頁) 、2008年3月
 
 平成22(2010)年度 奨励賞 佐々木浩雄
「量産される集団体操―国民精神総動員と集団体操の国家的イベント化」『幻の東京オリンピックとその時代』所収、青弓社(405〜444頁) 、2009年9月
 
 平成23(2011)年度 学会賞 松浪 稔
『身体の近代化−スポーツ史からみた国家・メディア・身体−』叢文社 、2010年2月
 
 平成24(2012)年度 学会賞 新井 博
『レルヒ 知られざる生涯 日本にスキーを伝えた将校』 道和書院、2011年1月
 
 平成24(2012)年度 奨励賞 及川佑介
『松本幸雄と『籠球研究』(昭和9〜11年)−日本バスケットボール史の一齣−』叢文社、2011年1月
 
 平成26(2014)年度 学会賞 菅井京子
「『ドイツ体操(Deutsche Gymnastik)』に果たしたルードルフ・ボーデの貢献について」『スポーツ史研究』第26号(1〜16頁)、2013年3月
 
 平成28(2016)年度 奨励賞 鈴木直樹
「野球における投手のオーバースローの運動技術史−競技規則との関係から−」『スポーツ史研究』第28号(49〜70頁)2015年3月
 

⇒ 「学会について」にもどる
⇒ トップページにもどる