『スポーツ史研究』第10号
【第10号】
 [総説]
   岸野 雄三  転換期を迎えたスポーツ史の研究
           −問題の所在と接近の方向− ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
 [原著]
   高橋 幸一  プラトンの体操術における身体と魂 ・・・・・・・・・・・・13
   稲垣 正浩  テニス球戯起源論とペロタ球戯(バスク民族)の関係について
           −H.ギルマイスターの仮説批判、その1− ・・・・・・・23
   榊原 浩晃  イギリス20世紀移行期の初等学校児童のフットボール事情
          −South London Schools' Football Associationを手ががりに−
                                ・・・・・・・・・・・・・・・・41
   孫  煥   旧韓末期(1876-1910)における在日韓国人留学生団体の体育に関す
          る研究 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・57
   池田 恵子  19世紀前半イギリスにおけるスポーツ・ジャーナリズム
           −スポーツ専門紙の成立とピアス・イーガン− ・・・・・71
   荻  浩三  北米先住民族の球戯の地域特性について −S.Culinの調査報告書
          (GAMES OF NORTH AMERICANINDIANS, 1907)を基本資料として−
                                 ・・・・・・・・・・・・・・・89
 [研究ノート]
   松井 良明  スポーツと「理由ある殺人」
           −英国法における権威的典籍を手掛かりにして−・・・107
   鈴木 敏夫    1880年の函館帆船レース ・・・・・・・・・・・・・・・・・113
   中房 敏朗・松井 良明  1995年スポーツ史関連文献書誌 ・・・・121
 [研究活動報告]                            
 [学会通信]

⇒ 『スポーツ史研究』にもどる 
⇒ 学会刊行物 
⇒ トップページにもどる