『スポーツ史研究』第2号
【第2号】
 [原著]
   松尾 順一  ドイツ体育競技規定(Wettturnordnung)の先駆形態
           −ドイツ体育競技規程とミッテルライン体育祭の懸賞競技
            (1860年代初頭)との比較・検討− ............................................................... 1
   松井 良明  19世紀イギリスのボクシング史におけるスパーリングの果たした
          歴史的意義について ..................................................................................................11
   小澤 英二  「1896年ニューヨーク・サイクル・ショー」についての史的考察 ...........23
 [研究ノート]
   高橋 幸一  Platonにおける体操術と魂..............................................35
   奈良 重幸  テニスのスコアリングに関する一考察      
            −“LOVE”その解釈をめぐって−.................................39
 [会報]                                

⇒ 『スポーツ史研究』にもどる 
⇒ 学会刊行物 
⇒ トップページにもどる